HOME

特集記事 カラフルな世界に大興奮!トレーラーハウス宿泊村「El faro」の人気の理由に迫る!

東北発!のモノ・サービス2924viewsshares2015.05.18

カラフルな世界に大興奮!トレーラーハウス宿泊村「El faro」の人気の理由に迫る!

ここは、宮城県女川町。リアス式海岸の美しい海を背に、内陸に向かって車を走らせていると、丘の上から思わず目を奪われる光景が広がります。

到着前からワクワク♪パステルカラーに彩られた宿泊村。 撮影:浅野拓也

到着前からワクワク♪パステルカラーに彩られた宿泊村。 撮影:浅野拓也

整然と並ぶカラフルな建物。2012年にオープンしたEl faro(エルファロ)という宿泊施設です。敷地内に、一歩足を踏み入れれば、その色とりどりの世界に胸が高鳴り、まるで海外の港町にいるような気分を味わえます。

大人も子どもも心躍るトレーラーハウス宿泊村
客室数も多いので団体の宿泊にも対応可能です。 撮影:浅野拓也

客室数も多いので団体の宿泊にも対応可能です。 撮影:浅野拓也

じつは、この鮮やかな建物はすべてトレーラーハウス。断熱性、居住性に富んだ国産のパークトレーラーを長野県から運んできました。その数は40台近く。客室は63室にものぼります。

さらに、このかわいらしい世界に彩りを加えているのが、各部屋の入り口に掛けられた女川スペインタイルのプレート。町内の工房により制作されたタイルはひとつひとつ模様が異なり、気分を一層盛り上げてくれます。

elfalo3

かわいらしいナンバープレートは町内のみなとまちセラミカ工房が制作しています。 撮影:浅野拓也

これがトレーラー!?ホテルのような快適な空間づくり

「部屋を開けた瞬間に『わあー!』と驚くお客様が多いんです。それは、私にとっては、もう“してやったり”という気分です」と目を細めるのは、当ホテルの支配人を勤める田中雄一朗さん。

カラフルな外見ばかりに目がいってしまいがちですが、エルファロのこだわりは内部にこそあります。「狭くて、簡易」というトレーラーハウスのイメージをよい意味で覆しています。

フロントでは元気いっぱいのスタッフがお出迎え。右:支配人 田中雄一朗さん 左:女川町宿泊村協同組合理事長 佐々木里子さん 撮影:浅野拓也

フロントでは元気いっぱいのスタッフがお出迎え。右:支配人 田中雄一朗さん 左:女川町宿泊村協同組合理事長 佐々木里子さん 撮影:浅野拓也

「部屋の掃除にはいちばん気を使っています」(田中さん)というきれいな客室 写真提供:El faro

「部屋の掃除にはいちばん気を使っています」(田中さん)というきれいな客室 写真提供:El faro

大きめの窓から差し込む日光で照らされた明るい客室。ピシッとそろったベッドメイキングからは、丹念に掃除していることが伝わってきます。

ゆったりとくつろげるソファに、木製のデスク、空調ファン、秘密基地のようなロフト付きの部屋も。トレーラーハウスと気付かずにひと晩過ごしたお客様もいることにも納得です。

レストランも併設され、希望者には夕食の提供も行なっています。 写真提供:El faro

レストランも併設され、希望者には夕食の提供も行なっています。 写真提供:El faro

旅館のホスピタリティとホテルの快適性を両立
スタッフが空き時間に作った折り鶴。こうした些細な気遣いにも温かみを感じることができます。 撮影:浅野拓也

スタッフが空き時間に作った折り鶴。こうした些細な気遣いにも温かみを感じることができます。 撮影:浅野拓也

女川町にあった4つの旅館の経営者による組合で運営されるエルファロ。そこに、県内の大手ホテルで勤務していた田中さんが支配人として加わることで、「民宿的な温かみ、居心地のよさと、ホテルのような快適性」を併せ持つ宿泊施設が誕生しました。

「お客様に応じて、スタッフの対応も変えています。ビジネスユーズのお客様にはなるべく快適にスムーズにご案内できるように、常連さんやご近所さんにはあえて方言を使ったり、旅行者には近隣のご案内をしています」

ビジネス出張から、友人やご家族、カップルまで幅広いお客さんで賑わう当宿泊施設。スタッフの臨機応変の対応こそが、その秘訣です。

三陸旅行の拠点にうってつけ
 星空のもと輝くトレーラーはまるで銀河鉄道のよう。 撮影:浅野拓也

星空のもと輝くトレーラーはまるで銀河鉄道のよう。 撮影:浅野拓也

ここ女川は、南三陸金華山国定公園に指定される自然の宝庫。昼間はコバルトブルーの美しい海のアクティビティに、海の幸、豊かな動植物などに触れることもできます。

さらに、「夜、ライトが落とされた後に、一面に広がる満天の星空。それが私の一番のお気に入りですかね」(田中さん)

石巻や南三陸、気仙沼など三陸の人気スポットにも中間地点に位置する女川町。大人も童心に還って楽しめる宿、エルファロを拠点に三陸の旅を満喫してみませんか?

●ご予約・お問い合わせ
女川町宿泊村協同組合 El Faro(エル ファロ)
宮城県牡鹿郡女川町清水町174,175,176,177,178
【電話】0225-98-8703(受付時間:9~22時)
【メール】elfaro365info@gmail.com
※詳しくは、下記ウェブサイトでご確認ください。
El Faro(エル ファロ) http://elfaro365.com/

(書き手・写真:浅野拓也 取材協力:El Faro)

この記事をシェアする

その他の記事を見る

地震で揺さぶられて残ったのは、地域に元々ある課題だった。

リーダーがビジョンを語る1174viewsshares

「政府じゃなく、民間だからできる復興がある」右腕プログラム選考会より

地方創生のヒントin東北1583viewsshares

「もともとの豊かさって何ですか」を気仙沼から問い直す

リーダーがビジョンを語る2828viewsshares

たくさんの避難所をまわって見えてきたもの

リーダーがビジョンを語る1662viewsshares

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー