HOME

HOME

NEWS

スタートアップの集積地・東北へ。
東北の「これから」を共に創る仲間を募集しています。

OUR IMPACTこれまでの実績

右腕として参画した人のイメージ画像

0

右腕として参画した人

2011年5月からの約3年半で多くの人材が参画してきました。

これまでのプロジェクトのイメージ画像

0

これまでのプロジェクト

岩手・宮城・福島の38の市町村のプロジェクトを支援。

東北で起業した人のイメージ画像

0

東北で起業した人

右腕としての経験を生かし、東北でチャレンジ。

東北に残る人のイメージ画像

0%

東北に残る人の割合

プロジェクト終了後も引き続き、東北で活躍。

私たちのビジョンについて

NEW PROJECTS新着プロジェクト

2015.06.26掲載新しい経済をつくる農・漁・林業の新モデル

地元の有機農家たちと共に、ストーリーあふれる商品を作る!

都市と農村を結び付ける「ふくしま有機ブランド」開発プロジェクト(二本松市)

福島県有機農業ネットワークは、福島県内の有機農業に関わる農業者、消費者、研究社・技術者、農業団体や行政が連携し、福島県内の有機農業のさらなる発展や、持続可能な社会と地域づくり目指している団体です。県内の有機農家70名が所属してい…続きを読む

2015.06.18掲載農・漁・林業の新モデル雇用をつくる

農業×弱者雇用の新しいモデルを、東北から全国へ!

障害者の戦力化モデル事業プロジェクト(仙台市)

●全国700万人の障害者の1%を納税者に! 障害者を始めとする、社会的弱者と言われる人たちの働く機会はまだまだ不足しており、仕事に就けたとしても仕事内容や給与水準はかならずしも満足できるものではありません。彼らの真の自立(=納…続きを読む

2015.06.19掲載誇れる地域をつくるコミュニティ・デザイン

地域のみんなが笑顔になる、地域産品の直売所を一緒に創ろう!

復興まちづくり会社による、健康なコミュニティ再生プロジェクト(いわき市)

・豊間は震災の津波で大きな打撃を受けました。震災前は620戸でしたが、430戸が失われ、震災後の4年間、豊間区、ふるさと豊間復興協議会を中心として、専門家の支援を受け、「自分達のコミュニティをどう再生させるか」ということに取り組…続きを読む

2014.10.02掲載地域のつながりコミュニティ・デザイン

孤独死を防ぐ地域づくりを支える

仮設住宅に元気と笑顔を届ける「仮設きずな新聞」(石巻市)

●仮設住宅に笑顔と情報を届ける【仮設きずな新聞】 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では2011年10月より、地域のハッピーニュースや仮設住宅を住みこなすコツなどをまとめた「仮設きずな新聞」を定期的に発行し(2…続きを読む

2015.06.25掲載誇れる地域をつくる地域のつながり

障がいなんて関係ない。生涯暮らせる地域を作る!

「寄り添い、笑顔溢れる地域創りプロジェクト」(名取市)

●障がいを持つ方に、住み慣れた地域で過ごしてもらいたい! リーダーの渡邉氏は、東日本震災発生時、仙台空港近くの知的障がい者通所施設に勤務していました。施設利用者は全員無事だったものの、利用者の方の中に、親族が亡くなり在宅での生…続きを読む

2015.02.10掲載地域のつながりこどもの未来をつくる

お母さんとこどもと笑顔の種まきはじめました@気仙沼

ピースジャム(気仙沼市)

自然豊かな工房で魅力ある地域コミュニティを一緒に創りましょう! 気仙沼市の山間にある工房で「ジャム」と「縫製品」の製造販売を行っているNPO法人です。 私たちは東日本大震災後、「働きたくても育児が理由で働けない母親」や「…続きを読む

2014.10.02掲載農・漁・林業の新モデル雇用をつくる

漁師が漁を諦めなくて済む町へ。三陸漁師町再生プロジェクト。

Fish Market 38°(気仙沼市)

■Fish Market38°(以下、FM38°)の事業目的: 地元の漁師と、漁業に根付いた地域文化を守り、活気あふれる漁師町の再生を目的としています。 ■事業内容: ①漁師からの魚の買取:販路がないという理由で、なか…続きを読む

2015.03.03掲載地域資源を活かす農・漁・林業の新モデル

海と山のストーリー性のある商品開発と、地域のための仕事づくり

「リアスフードを食卓に」プロジェクト(気仙沼市)

●リアスエリア全体で取り組む、新たな水産ブランドと地域のための仕事づくり *リアスエリアとは、東北地方太平洋側の地域のこと。 「リアスフードを食卓に。」は、気仙沼に拠点を置く水産加工品業者4社から成る、気仙沼水産食品事業…続きを読む

2015.06.26掲載新しい経済をつくる地域資源を活かす

南三陸から世界へ、地域の財産を活かし国境を越え羽ばたくスキンケア製品を創ります

南三陸石けん工房プロジェクト(南三陸町)

地方部から、国内市場に限らず海外への販路開拓に挑戦して行く予定です。 代表は元々15ヵ国を旅した後、翻訳ビジネスを行っていた背景があり、またスタッフも海外経験もある人材がいます。 マクロ環境として、日本食をはじめ日本文化が海…続きを読む

2015.02.10掲載高齢化社会のモデルコミュニティ・デザイン

一台の車から、会話が生まれ、絆が生まれ、未来が生まれる。

被災地カーシェアリングプロジェクト(石巻市)

日本カーシェアリング協会は、全国から善意で寄せられた約70台の車を活用して、車の共同利用(カーシェアリング)による移動・コミュニティ活性化のサポートを行っています。 ●私たちの車を使った助け合いをコーディネートしています。…続きを読む

プロジェクトをもっと見る

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー