HOME

プロジェクト 「リアスフードを食卓に。」プロジェクト(気仙沼市)

宮城県募集終了6546viewsshares2015.03.03

海と山のストーリー性のある商品開発と、地域のための仕事づくり

「リアスフードを食卓に。」プロジェクト(気仙沼市)

テーマ:地域資源を活かす農・漁・林業の新モデル 活動地域:宮城県東京都仙台市気仙沼市 職種:マーケティング・広報営業・接客・カスタマーサポート

活動サマリー

●リアスエリア全体で取り組む、新たな水産ブランドと地域のための仕事づくり
*リアスエリアとは、東北地方太平洋側の地域のこと。

「リアスフードを食卓に。」は、気仙沼に拠点を置く水産加工品業者4社から成る、気仙沼水産食品事業協同組合が主体となり開発を推進している、新たな水産食品ブランドです。
*「リアスフード」とは、リアスエリアの海の幸と山の幸のこと。

●リアスフードを使った商品開発と食育イベントの企画運営
リアスフードを用い、独自開発商品のほか、高校生やシェフの方々と商品開発を進めています。東北にはさまざまな食のブランドがありますが、東北全体としてのブランド化はまだまだこれからです。そのためには地域間での連携が重要です。これにより、新たな発想の商品と新たなマーケットの創出が可能となります。

また、多くの方々に商品のストーリーや美味しさを知っていただくため、試食会やブランドPRとしての食育イベントを気仙沼や都内にて多数企画運営しています。

ブランド開発の一方で、雇用創出と地域活性の双方を実現させる新たな働き方として、東京や関東を居住地としながら、気仙沼へ1か月のうち10日前後出張する働き方を提案しています。これはIターンとは異なり、地域に馴染むまでの生活面や精神面での負担を軽減し、仕事に慣れるまでの時間を短縮できる事ができる仕組みです。これは人口減少が避けられない将来を見据えた交流人口づくりであり、地域活性化の方法の1つになると考えています。

業務内容

【募集するポジション/役割】
新商品やイベントのセールスプロモーション

【具体的な業務内容】
主に首都圏の飲食店やレストランに向けたBtoB商品や、小売店向けのBtoC商品の販路開拓と、試食会などのプロモーション業務をお任せします。
単なるセールスプロモーションではなく、商品のストーリーを伝え、当ブランドのファン作りをしていくことも重要です。人と人の繋がりをいかし、柔軟な発想で戦略を考え、私たちと共にブランド発信力を高めてください。
また、平成27年3月〜4月に静岡で予定している 「気仙沼フェア」を4月以降も東北、関東圏ほか各地で開催できるよう、このフェアをパッケージ化していきたいと考えています。

【成果目標】
・約20アイテムの試作品をモニタリング、マーケティングをして磨き上げ、平成27年4〜5月にかけて順次発売予定です。
・平成27年度の売上は1億4,400万円を目標とし、当プロジェクト商品の取扱店舗および業者数は「500」を目指しています。組合各社のメンバーと連携して既存の取引先のほか、徐々に新規開拓を進めます。BtoB商品は、気仙沼、仙台、東京などのレストランや飲食店などを中心に、BtoC商品はスーパーから百貨店、高級食料店までアプローチしていきます。
・将来的には、自立型ブランドコンセプトショップを立ち上げ、都内で認知度をさらに高めることを目指しています。

これらの目標達成のために営業戦略とブランド認知ためのプロモーション戦略を確立させたいと考えます。

条件

●活動期間:12ヵ月
●活動地域:東京都、宮城県気仙沼市、仙台市
●活動支援金:300,000円/月
 →ETIC.震災復興リーダー支援基金およびプロジェクトより支給
●生活支援:居住場所あり(気仙沼市内)、赴任手当あり、通勤活動交通費あり、車あり
●その他:右腕派遣期間後、継続雇用の可能性あり

リーダーからの想い

東北地方太平洋側の海と山、その食材全てをリアスの恵「リアスフード」と位置づけ、その食材を地域の食文化から生まれた食品としてマーケットに提供する。
そのため、消費者のニーズにあった商品、素材を活かした商品を「正しい」、「新しい」「懐かしい」「手軽」をコンセプトに開発する。
ブランド化、マーケティング、商品販売を一つのビジネスモデルにする。このモデルを三陸エリアに拡散させ、広いエリアでの展開、復興を目指す。事業を通して、次代を担う人々が未来を創造できる土壌環境と道を造る事をこのプロジェクトの目標としたい。

こんな人を待ってます!

【能力・スキル面】
・食品業界でのセールスプロモーションの経験者であり、共同者とのマネジメントもできる人。
・SNS等を使った情報発信が苦にならない人。
・一般的なPCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント)のある方。
・イラストレーター、フォトショップが使用できる方も歓迎。

【性格面】
・元気、やる気、協調性に加えて、東北の復興モデルが日本の再生につながると信じて活動できる人物。       
・水産物が好きな人。食べることも好きな人。                  
・男女は問いません。

ETIC.の担当スタッフから一言

現在「地域ブランド」づくりに取り組んでいる地域は日本全国でも数多くありますが、このプロジェクトの特徴は豊富な海の幸・山の幸に恵まれた三陸沿岸地域がフィールドであること。恵まれた環境に加えて、世の中が求めているモノやコトを消費者の視点から生み出す「マーケットアウト」の手法での商品づくりや、気仙沼・東京など拠点を選ばずに仕事を進める働き方など、これまでの考え方に囚われない新しい取り組みを実践しています。地域での新しい商品開発に挑戦した方はぜひエントリーください。

基本情報

テーマ 地域資源を活かす、農・漁・林業の新モデル
主な活動地域 東京、気仙沼、仙台 
受入団体 気仙沼水産食品事業協同組合
WEB http://www.riasfood.jp

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

清水敏也(気仙沼水産食品事業協同組合 代表理事・組合長)

(株)八葉水産 代表取締役、気仙沼震災復興計画委員
気仙沼水産食品事業協同組合 代表理事、 気仙沼商工会議所 副会頭
※震災後、事業復旧させ雇用を創出

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

宮城県

TOHOKUおらほナビ(石巻市)

ビジター(訪問者)と地元の方の交流拠点をつくるディレクター募集!

1987viewsshares

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー