HOME

プロジェクト 被災地カーシェアリングプロジェクト(石巻市)

宮城県募集終了9471viewsshares2015.02.10

一台の車から、会話が生まれ、絆が生まれ、未来が生まれる。

被災地カーシェアリングプロジェクト(石巻市)

テーマ:高齢化社会のモデルコミュニティ・デザイン 活動地域:宮城県気仙沼市一関市石巻市二本松市 職種:営業・接客・カスタマーサポートプログラムコーディネート

活動サマリー

日本カーシェアリング協会は、全国から善意で寄せられた約70台の車を活用して、車の共同利用(カーシェアリング)による移動・コミュニティ活性化のサポートを行っています。

●私たちの車を使った助け合いをコーディネートしています。
地域の中で、送迎ボランティアを募るなどして、移動に困っている方とマッチングさせることで、住民同士の送迎活動をプロデュースしています。               
●自然エネルギー・電気自動車を活用した先進的な街づくりを牽引しています。  
石巻市や地元教育機関と連携しながら、太陽光発電で充電する電気自動車カーシェアリングの実証実験を復興公営住宅で推進しています。              
●地域の車を地域のために地元で車を集め、それを地域内の様々な事情で困窮されている方に車を格安で貸し出す取り組みも始めました。 
●車を活用した地域貢献の雛形を作ります。このように、善意で集まった車を集めて地域に貢献する一つのモデルを作りたいと思っています。ここで作ったモデルを他の地域に伝え貢献できるようになることを目指しています。

業務内容

【具体的な業務内容】
復興公営住宅及び仮設住宅でカーシェアリングの説明会やアンケートを行いながら、送迎ボランティアをその地域で発掘し、病院や買い物等へ出掛けるために助けの必要な方とのマッチングを行う、「送迎活動のプロデューサー」を募集します!

これまで仮設住宅を対象に活動を展開してきましたが、今後は新しくできる復興公営住宅への移転が始まり、コミュニティの不安定化が心配されます。仮設住宅においてカーシェアリングを通して築きあげられたコミュニティや、復興公営住宅というイチから始まる新天地での暮らしをお互い支え合えるようなご近所付き合いのサポートを行うため、よりきめ細やかな対応が求められています。住民の方との信頼関係の上に成り立つ業務。カーシェアリング協会の地元スタッフとともに、取り組んで頂きます。

その他にも、新規に立ち上げたばかりのレンタカー事業のサポートや事務スタッフのサポート等も行っていただきます。

【成果目標】
復興公営住宅入居者へ、カーシェアリングの取り組みが周知されること。
復興公営住宅でのコミュニティ・カーシェアリングの好事例のプロデュース。
仮設住宅で行われている既存の送迎活動が円滑に行われ、関わる住民の方が活き活きとしている状態。

条件

●活動期間:12ヵ月
●活動地域:宮城県石巻市、気仙沼市、岩手県一関市、福島県二本松市
●活動支援金:175,000円/月
 →ETIC.震災復興リーダー支援基金およびプロジェクトより支給
●生活支援:居住場所あり、通勤活動交通費あり、車あり
●その他:右腕派遣期間後、継続雇用の可能性あり

リーダーからの想い

私たちは、企業回りをしながら車を集めることから活動を始めましたが、その頃から単なる支援活動で終わるのではなく、被災地から発信できる社会の雛形を作ることを目指し取り組んできました。お陰様でたくさんの車が全国から寄せられ、更には電気自動車や自然エネルギーの活用といった先進的な取り組みを行政、教育機関、企業等と共に挑戦できるようになりました。
復興公営住宅への入居が始まり、被災地は平時に向けて一歩踏み出そうとしている今、私たちの取り組みはこれからが本番です。一歩ずつ積み上げてきましたが、今年は大胆な一歩を丁寧に踏み出そうと思っています。
たくさんの方々の協力によって実現したこのモデルが、今までお世話になった様々な地域で役立っていくことが私たちが目指す復興の形です。「被災地の真ん中で最高のモデルを作る」その夢を本気で一緒に追いかけてくれる方をお待ちしております。

こんな人を待ってます!

人と話をするのが好きな方、人の背中を押せる方、マメな心遣いができる方。
適材適所をコーディネートしてきた人材に関する業務経験者、カウンセリングやコーチング等の自主的な活動を促す業務経験者等特に歓迎します。
・・・でも、本気で取り組みたい気持ちがあるなら、経験がなくてもウエルカムです。

ETIC.の担当スタッフから一言

住民をはじめ行政、大学などさまざまな関係者と接し、調整しながらともに創り上げてゆくやりがいのあるお仕事です。また、EVカーの導入など、自然エネルギーの活用という分野でもこれからのまちづくりを牽引してゆくモデルとなるような取り組みが期待されます。
現地では、あたたかく迎えてくれるスタッフや利用者の皆さんがお待ちしていますので、興味のある方はまずはご相談頂ければと思います。

基本情報

テーマ 高齢化社会のモデル、コミュニティ・デザイン
主な活動地域 石巻市、気仙沼市、一関市、二本松市
受入団体 一般社団法人日本カーシェアリング協会
WEB http://www.japan-csa.org/

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

吉澤武彦(一般社団法人日本カーシェアリング協会代表理事)

立命館大学政策学科を卒業後、6年間広告代理店に勤務。退社後、本格的に社会活動に従事し始め、平和や環境に関する様々なプロジェクトに取り組む。震災後、一般社団法人日本カーシェアリング協会を設立し石巻で取り組みを続ける。

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

宮城県

TOHOKUおらほナビ(石巻市)

ビジター(訪問者)と地元の方の交流拠点をつくるディレクター募集!

2059viewsshares

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー