HOME

プロジェクト 復興まちづくり推進力!ラムズ(南三陸町)

宮城県募集終了4233viewsshares2012.10.07

町の起業家たちとともに事業を立ち上げ、地域の新しい価値を創る

復興まちづくり推進力!ラムズ(南三陸町)

テーマ:新しい経済をつくる農・漁・林業の新モデル 活動地域:南三陸町 職種:企画・開発・マーケティング資金調達・IR・広報

活動サマリー

南三陸町の起業家とともに、地域振興のコーディネーションを行います。

ラムズのサポートする4名の起業家は南三陸の戸倉地区でゼロから新しい自らの営み、そして地域の新しい価値を創出すべくやったこともない未知の領域に挑む挑戦者たちです。

【ほったて小屋】 成澤英子 波伝谷地区仮設住宅在住
震災前は、和裁師をしながら、ホテル接客や民宿調理配膳のパートタイムで勤務。ほったて小屋を起業し、地産地消の炭火焼き小屋で浜の母ちゃん料理を提供し、地域に飲食店を復興、内外の交流拠点となる。
課題:メニュー開発、集客、イベントコラボ企画等

【まゆ工房~彩~】 松岡由香利 水戸辺地区仮設住宅在住
震災前は、漁業従事者の合間に、戸倉漁協女性部として養蚕の名残である繭玉を使った伝統の繭細工を伝承する講習会を開催、小学校の卒業記念品コ サージュ等の作成講師をしていた。震災後、伝統工芸品繭細工で起業、屋号の繭工房~彩~は、「天然自然の素材を生活空間に取り入れて、生活に彩りを提供したい」との想いから命名。
課題:伝統品を若い世代にも可愛いものとして認知、販売ルートを確保し、伝承する。商品開発企画。デザイナーコーディネート。

【たみこの海パック】 阿部民子 神割崎地区仮設住宅在住
震災前は夫と船に乗り漁業に従事、震災後海が怖いことから乗船する仕事は断念したが、海と関わる仕事をしたいことから、海産物の宅急便を起業し た。厳選した海産物と加工品をパックにして販売する。
課題:パックの商品開発、チラシの作成、仕入の確保と販路の拡大。

【戸倉養蜂】 阿部一郎 津山地区仮設住宅在住
震災前は、養蚕の指導者を引退、地域コミュニティの副会長、折立地区の行政区長など地域活動に従事していた。震災後、漁業資源に頼った復興だけではない復興の必要性を考え、養蚕の経験を転用した養蜂に挑戦し、花と緑の増加した被災地の復興は、花と緑から はちみつづくりで行こう!と起業した。
課題:はちみつ採取環境の確保、販路、商品開発。

ラムズは、彼らのコンサルタンティングとマネジメントに一歩踏み込んだ関わり
方を選択します。彼らの成功がさらなる地域の振興につながるように、連携した地域のファン作りを行います。
津波ですべてを失った地域から新たな希望の芽を創出する。これは世の中のどこを探してもない、難易度の高いチャレンジですが、同時に価値のあるチャレンジでもあります。

地域から生まれるものを価値に変えて、地域の振興に繋げるコーディネーションに手腕を発揮してみたい方募集です!

業務内容

上記の起業家を支援するため、観光を中心とする地域振興の民間コーディネーターとして活動していただきます。地域資源や外部資源の発掘、マッチングを行うことで各事業の強みを強化しつつ、さらには様々な地域や団体と連携するための仕組みを作ったり、持続的な事業者のファン獲得及び満足度強化のための仕掛けを作り上げていきます。

条件

●活動期間:3ヵ月以上
●活動地域:宮城県本吉郡南三陸町
●活動支援金:100,000~150,000円/月(委細面談)
  →ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●現地までの交通費:支給なし
●生活支援:宿泊場所あり、住宅支援なし、現地交通費支給なし、自宅からの交通費なし、食事現物支援なし
●その他:各事業が軌道に乗った場合、右腕終了後、改めて団体と雇用関係を結んだ上で業務継続する可能性あり

リーダーからの想い

地域をよりよく活性化していくためには、外部(東京や仙台、地域)と内部(南三陸町)のわけ隔てのない連携が必要不可欠です。しっかりと地に足をつけて地域の将来を考えることのできる人材と一緒に、20年後の未来にもしっかり残るラムズの事業を作っていきたい。地域の人々がラムズに任せることで、事業の力が上がるという実感を持っていただき、地域振興の推進力そのものになる。そういう志を共有できる右腕を募集しています。

こんな人を待ってます!

地域で活躍するために必要な、やる気、元気、愛嬌、度胸がありつつも、バランス良く遠慮と謙虚を身に着けているコーディネーター的人材を求めています。

ETIC.の担当スタッフから一言

準備中です

基本情報

テーマ 産業再生、地域の担い手育成
主な活動地域 南三陸町
受入団体 ラムズ
WEB http://www.minamisanriku-lambs.com/

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

渡辺 啓(ラムズ代表)

緊急災害ボランティアとして拠点避難所を運営し、南三陸町戸倉地区のエリアカバーを行ってきた。戸倉の仮設住宅7か所からなる戸倉自治協議会の事務局を担当、南三陸町戸倉地区の復興まちづくりを推進する活動に取り組んでいる。

スタッフ(右腕)紹介

菊地新(右腕)

詳細プロフィール

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー