HOME

プロジェクト 一般社団法人パーソナルサポートセンター

宮城県募集終了3432viewsshares2011.09.29

寄り添い型、伴走型の生活・就労支援で、 社会的困窮状態にある人に最適な支援を実現する。

一般社団法人パーソナルサポートセンター

テーマ:誇れる地域をつくる地域のつながり 活動地域:宮城県仙台市 職種:コミュニティづくり・支援

活動サマリー

◆仙台市 安心見守り協働事業
・仙台市の応急仮設住宅や借上げ仮設住宅の入居者の見守りや福祉的なサポートを実施する事業です。
・被災地域から雇用された絆支援員が仮設住宅を直接訪問し、入居者をサポートします。
・仙台市の市民協働推進課と協働しながら6月1日から事業を実施しています。

◆仙台市 コミュニティ・ワーク創出事業
・仕事を通じて生きがいやコミュニティを作りだすとともに、社会的に困窮している人を仕事につないでいく事業です。
・縫物などの手仕事、農業など、被災された方が主体的に参加可能な仕事の場づくりをします。
・上記の仕事の場を通じて、参加者のパーソナリティやスキルを把握・訓練し、仙台市の中小企業振興の部門やハローワークなどと協働しながら雇用につなげます。
・11月1日に事業開始予定です。

業務内容

◆仙台市 安心見守り協働事業
・経理・労務業務の統括

◆仙台市 コミュニティ・ワーク創出事業
・事業全体の立ち上げ・マネジメント
・仕事の場づくりのコーディネート
・手仕事品・農作物の販売システム(販路や販売法人等)の立ち上げ

条件

●活動期間:3ヶ月以上
●活動地域:仙台市
●活動支援金:100,000~150,000円/月(委細面談)
→ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●現地までの交通費:支給なし
●生活支援:現地交通費支給あり
●その他:右腕終了後、改めて団体と雇用関係を結んだ上で業務継続する可能性あり(仙台に1年以上、居住可能な方)

リーダーからの想い

準備中です

こんな人を待ってます!

◆仙台市 安心見守り協働事業
・被災者支援の思いを共にしていただける方
・経理・労務業務の経験者

◆仙台市 コミュニティ・ワーク創出事業
・被災者支援の思いを共にしていただける方
・事業立ち上げを共にしていただける方
・まちづくりやコミュニティデザインの経験がある方
・商品企画・販売などのノウハウのある方
・中小企業診断士や社会保険労務士など、企業の雇用開発に資する営業が可能な方

ETIC.の担当スタッフから一言

これから求められる、仮設住宅のコミュニティ作り、そして仕事つくりを一石二鳥で解決する、素晴らしい仕組みだと思います。コーディネーターとしての仕事はもちろん、その経験を元にこれからの戦略を立てて行くパートナーとしての役割も大変重要です。
コミュニティ形成、自立支援に関心の高い方は本当に素晴らしい経験を詰めるプロジェクトだと思います。我こそはという方は是非話を聞いてみてください!

基本情報

テーマ 地域福祉、仕事づくり
主な活動地域 仙台市
受入団体 一般社団法人パーソナルサポートセンター
WEB http://www.personal-support.org/

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

菅野 拓(一般社団法人パーソナルサポートセンター 事務局次長)

2011年3月まで大阪市立大学大学院生・都市研究プラザリサーチアシスタント(現在も大学に在籍)。
2011年3月から仙台市にて物資配送などの緊急支援に関わりながら、現在のプロジェクトの企画立案・事業立ち上げに関わる。
2011年6月1日から一般社団法人パーソナルサポートセンター事務局次長。

スタッフ(右腕)紹介

岡本裕野(右腕)

詳細プロフィール

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

宮城県

TOHOKUおらほナビ(石巻市)

ビジター(訪問者)と地元の方の交流拠点をつくるディレクター募集!

1087viewsshares

宮城県

被災地カーシェアリングプロジェクト(石巻市)

一台の車から、会話が生まれ、絆が生まれ、未来が生まれる。

9310viewsshares

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー