HOME

プロジェクト ともづなプロジェクト(気仙沼)

宮城県募集終了3984viewsshares2012.09.23

デジタル・デバイド解消を起点として、地域事業者の能力開発を

ともづなプロジェクト(気仙沼)

テーマ:新しい経済をつくる農・漁・林業の新モデル 活動地域:宮城県気仙沼市 職種:企画・開発・マーケティング制作・クリエイティブ

活動サマリー

“気仙沼”に根差した企業の可能性を引き出し、日本ひいては世界に発信する。

気仙沼の事業者とお客様が密に繋がることで、売上の向上や事業の新しい可能性を発見していきます。そのために、まずは【ともづなプロジェクト】に参画している企業の経営者、社員に対してのITの勉強会を定期的に開催していきます。現在の参画企業は、斉吉商店(秋刀魚等の水産加工)、石渡商店(フカヒレ等の水産加工)、男山本店(日本酒製造)、京染たかはし(和装)、横田屋本店(水産物卸)、アンカーコーヒー(コーヒー店舗)の6社で、それぞれの経営者とその従業員の方(約10名)を対象にプロジェクトを展開しています。

現在まで企業のウェブリニューアル(斉吉商店:http://www.saikichi-pro.jp/ )や、銀座での飲食イベントの開催、唐桑地区での日本酒の海中貯蔵ツアーなどを実施しており、勉強会を起点に様々な取り組みが広がっています。また、これまで右腕として活動されてきた方は、気仙沼にて起業し、気仙沼と都市を繋ぐこれまでにない事業を展開しており、将来的にご自身で取り組みをされたい方も歓迎しています。

このプロジェクトを通じて、各社のITリテラシーと情報発信力を高めるとともに、勉強会という場を通じて既存の企業の枠組みを超えた課題解決や連携を生み出していきたいと考えています。

業務内容

地場企業の方々の、ITスキルをアップするための勉強会の企画および実施を担っていただきます。勉強会の内容は事業者のニーズをくみ取りながら、ご自身が持つスキルを提供したり、外部から講師の招聘したり、外部団体と連携して実施していきます。同時に、参加者と密にコミュニケーションを取ることを通じて、自らでも学びが深められるようにコミュニティづくりを支えていきます。

今までに、Facebook/ twitter の導入・活用や、ゲストを招聘した映像ワークショップを実施してきました。今後もこの取り組みを継続すると共に、ブログなどでの情報発信、映像や写真を用いたクリエイティブな発信方法スキルの向上を目指していきます。ただコンテンツを提供していくよりも、様々な可能性を繋ぎ合わせて、人の意識を高め、可能性を生み出すような柔軟な発想を求めています。

これまでの気仙沼には、ITを積極的に活用して直販を推し進めたり、情報発信をするという文化がありませんでしたが、約1年の取り組みを経て、i Padを取り入れた業務推進やお客様とのコミュニケーションなどにITを活用する動きが自然と生まれてきました。本プロジェクトを通して、事業者のみなさんのスキルアップを目指すと共に、ダイレクトに本業へ活かしていきたいと思っています。ひいては、自分たちだけでも継続的にスキル向上ができる環境や、勉強会が自走していくための仕組み自体をつくっていきます。

条件

●活動期間:6カ月以上
●活動地域:気仙沼市
●活動支援金:100,000~150,000円/月(委細面談)
→ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●現地までの交通費:なし
●生活支援:住居の用意あり、交通費支給なし。
●その他:右腕終了後、改めて団体と雇用関係を結んだ上で業務継続する可能性あり

リーダーからの想い

準備中です

こんな人を待ってます!

例えば、気仙沼の事業者のウェブ担当者の方々が、会社のホームページをリニューアルしたときに、気軽に相談に乗れるような方にお越しいただきたいと思っています。

・EC運用の経験がある方
・ソーシャルメディアや情報発信のコツに詳しく、その仕組みを丁寧に教えることができる方
  ※例えば、企業でtwitter、facebook等の運用を担当している方など
・デジタルデバイスや新しいWEBサービスが好きで、それらの情報収集をするのが好きな方
・職人気質というよりは、様々な人やサービスを繋ぐことで新しい価値を創る、コーディネートの意識がある方
・一人一人に向き合うとともに、地域の力を引き出すことに意識がある方
・明るく、元気な、目の前の人を大切にする方
 ※ウェブに関するキャリアがあることが必須です。
 ※ご自身の車をお持ちの方、歓迎です。

ETIC.の担当スタッフから一言

事業の枠を越えた、いままでにない取り組みが気仙沼で立ち上がっています。人を育て、事業を育み、未来をえがくプロジェクト。想いを持って、自分自身の未来に繋がる道のりを歩める方、皆さんと寄り添ってこれからを描いていきたい方にお越しいただきたいです。

基本情報

テーマ 産業再生、中間支援
主な活動地域 気仙沼市
受入団体 斉吉商店
WEB https://www.facebook.com/tomozuna

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

斉藤 和枝(斉吉商店 専務取締役)

昭和35年創業、気仙沼随一の老舗廻船問屋である斉吉商店の専務取締役。気仙沼水揚げの新鮮な魚介類を使った無添加で、素材の味を活かした優しい味付けの加工品を販売しています。十数年前より地元でとれる食材を使った水産加工品の製造・販売を開始し、「気仙沼さんま笹寿司」は、第17回大日本水産会会長賞、第10回みやぎものづくり大賞優秀賞を受賞。津波で工場、家屋が流されながらも、事業や地域の再建を目指して活動中。

スタッフ(右腕)紹介

小林峻(右腕)

詳細プロフィール

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー