HOME

プロジェクト 陸前高田未来商店街プロジェクト

岩手県募集終了3807viewsshares2012.04.10

お客様と商店のニーズをつなぐ・なつかしく先駆的な未来の商店街をプロデュース

陸前高田未来商店街プロジェクト

テーマ:新しい経済をつくる雇用をつくる 活動地域:陸前高田市 職種:事務局運営資金調達・IR・広報

活動サマリー

住民が豊かに暮らし続けるために、復興に向けて自分たちは何ができるのか。壊滅的な被害を受けた商店主たちとともに、食の卸業を営む橋勝商店・橋詰社長が「陸前高田未来商店街プロジェクト」をスタートさせます。ハード面としての商店街を復旧させるだけではなく、お客様と商店の双方のニーズを大切にし、ソフト面を充実させることで、活き活きとしたコミュニティの一つであった商店街を復活させ、地元のお年寄りから子どもが楽しめる居場所づくりに挑戦します。
具体的には、コンテナとプレハブ建造物を使った仮設商店街を新設、まずは10~12店舗に出店してもらい、運営側が出店時のサポートや地元のお客様に向けたイベント企画の実施をおこなう予定です。

業務内容

地元の住民の方および商店からのニーズのヒアリングをおこない、両者の間をつなぐための企画づくりとマーケティングをおこなっていただきます。単にサービスの供給側と需要側に分かれるのではなく、それぞれが主役になれるようなイベントづくりや関係性の構築ができることを目指しています。(仕事上、車での移動など必須となるため、自動車の普通免許が必要です)

条件

●活動期間:12ヶ月
●活動地域:陸前高田市
●活動支援金:100,000~150,000円/月(委細面談)
→ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●現地までの交通費:なし
●生活支援:特になし
●その他:右腕終了後、改めて団体と雇用関係を結んだ上で業務継続する可能性あり。(継続的に陸前高田に居住する場合)

リーダーからの想い

準備中です

こんな人を待ってます!

地元の人たちがとっつきやすいような、あったかみもあって、企画やリサーチができる人。
商店とうまくコミュニケーションができる人。

ETIC.の担当スタッフから一言

陸前高田が大好きで、町の人たちみんなが主役になるような場づくりを商店街通して実現したい、と話す橋詰社長。一緒にプロジェクトに取り組む橋勝商店専務取締役の奥様、智早子さんも、とてもすてきな方。地元の経営者とまちづくりに取り組める日本中でもめずらしい現場です。

基本情報

テーマ まちづくり、産業再生
主な活動地域 岩手県陸前高田市
受入団体 陸前高田未来商店街
WEB http://ameblo.jp/mirai-shotengai/

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

橋詰 真司()

東日本大震災により、事務所も倉庫も車もすべて失うも、震災後1週間で復興計画を書きあげ、事業再開に向け動きだす。2011年5月1日には「けせん朝市」を立ち上げ、地域の活気を呼び戻す動きを進め、現在、陸前高田のまちに再び商店街をつくり、全ての人が主役となれるいきいきとしたコミュニティを生むべく奔走中。

スタッフ(右腕)紹介

種坂奈保子()

詳細プロフィール

黒田征太郎(右腕)

詳細プロフィール

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー