HOME

プロジェクト せんだい・みやぎNPOセンター 事務局助っ人

宮城県募集終了7019viewsshares2011.09.28

「NPOと外部リソースを繋げる」縁の下の力持ち

せんだい・みやぎNPOセンター 事務局助っ人

テーマ:コミュニティ・デザイン誇れる地域をつくる 活動地域:宮城県仙台市 職種:事務局運営調査・分析・評価

活動サマリー

外部リソースとNPO等団体を繋げるために、おもに以下の3つの事業を取り組んでいます。復興を担う主体となる団体や個人のサポートをすることで、復興に向けた活動を持続的に取り組める基盤づくりを目的としています。

・東日本大震災を受け、復興活動に取り組むNPOや市民活動団体、また復興活動に限らず地域や社会の課題解決に向けた活動を行っている団体への物品、資金提供等の支援活動。

・宮城県内で活動している市民活動団体を対象とした活動状況アンケート調査と成果物の作成

・震災復興で活動しているNPO/NGOと本団体の組織基盤強化に関するヒアリング調査、組織対象の研修プログラムの開催事業

業務内容

今年度行う新規事業として、次の2点を特に重点的に取り組みます。

1.宮城県内で活動している市民活動団体を対象とした活動状況アンケート調査と成果物の作成

2.震災復興で活動しているNPO/NGOと本団体の組織基盤強化に関するヒアリング調査、組織対象の研修プログラムの開催事業の立ち上げと運営
その他、センターを支えるための本体事務局のロジスティックをはじめ、次年度に向けた新しい事業開発の構築を担っていただきます。

条件

●活動期間:6ヶ月以上
●活動地域:仙台市
●活動支援金:150,000円/月(委細面談)
→ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●現地までの交通費:支給なし
●生活支援:宿泊場所・現地交通費支給なし
●その他:右腕終了後、改めて団体と雇用関係を結んだ上で業務継続する可能性あり

リーダーからの想い

準備中です

こんな人を待ってます!

フットワークが軽く、何でも意欲的に取り組む方。
周囲とのコミュニケーションを厭わず、物事を楽しめる方。
調査や集計業務の経験のある方、歓迎。

ETIC.の担当スタッフから一言

民設民営の市民活動支援組織として1997年から活動を始めたせんだい・みやぎNPOセンター。
震災後、多くの外部からのリソースが集まり、様々な支援を行き渡らせるハブ機能を今も続けています。
現場で復興に向けて、また生活再建に向けて取り組むNPO等団体や個人が
力強く活動を続けていけるための、まさに縁の下の力持ち。
一つ一つの丁寧な仕事と、復興全体のダイナミクスの両方を経験できる現場です。

基本情報

テーマ 中間支援
主な活動地域 仙台市
受入団体 特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
WEB http://www.minmin.org/

個別相談会に参加する

まずは右腕について詳しく知りたい方は個別相談会にご参加ください。

代表者紹介

伊藤 浩子(特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター事務局長)

子育てサークル活動やみやぎ生協での地域活動のコーディネーターを経験し、2003年3月特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターに入職。仙台市市民活動サポートセンターで市民公益活動の拠点として管理運営を行い、現在せんだい・みやぎNPOセンター事務局長として、本部事業の取り組みや仙台市、多賀城市、名取市などの市民活動サポートセンターの施設運営統括を行うことを通し、自治体との連携や協働について取り組んでいる。

スタッフ(右腕)紹介

宮本裕子(せんだい・みやぎNPOセンター/右腕)

詳細プロフィール

この情報をシェアする

その他の募集中のプロジェクト

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

THINK TOHOKU 2011-2021 これまでの5年を振り返り、これからの5年をともに考えていきます。

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

右腕希望の方々向け個別相談会開催中 申し込みはこちら

SITE MENUサイトメニュー